HOME > 基礎控除額の改正 > 基礎控除額の改正

基礎控除額の改正

相続税の申告は相続財産の総額が基礎控除額を超えた場合に必要になります。

ここではこの基礎控除額についてご説明させていただきます。

平成26年12月までの相続税の基礎控除額は
5,000万円+(1,000万円×相続人の人数)=基礎控除額でしたが、

平成27年1月1日の税制改正により、相続税の基礎控除額が
3,000万円+(600万円×相続人の人数)=基礎控除額

と大幅に控除額が軽減されました。

平成27年1月1日以降に発生した相続に関しては軽減された基礎控除額が適応されますので注意が必要です。

この為、「相続税の申告は裕福なご家庭の話」という認識であった相続税の申告がどの家庭にも必要となってくる確率があがったということです。 

ですからこれまでより一層の生前の対策や備えを考えていかなければなりません。残されたご家族の為に今ご自身ができることを考え、対策をしていきましょう。当事務所ではこういった生前にできる対策や備えのアドバイスも随時ご相談に対応しておりますので、お気軽に無料相談をご活用ください。


その他、相続税の申告に関する詳しい内容なこちら!