HOME > 法人税申告の流れ

法人税申告の流れ

ここでは、法人税申告の流れ、どんな書面を用意する必要があるのかをご紹介します。

帳簿書類の作成

・現金出納帳の作成:現金に関する取引の明細を記入する帳簿 ・預金出納帳の作成:預金の預け入れと引き出しの明細を記入する帳簿 ・売上帳の作成:売上の発生額と売掛金の残高を記録した帳簿 ・仕入帳の作成:仕入の発生額と買掛金の残高を記録した帳簿 ・手形帳の作成:受取手形、支払手形の明細を記録した帳簿

 

パソコンソフトへの経理データ入力と残高チェック

取引ごとに日付と金額を仕訳入力。 月末の残高をチェックして合計残高試算表を作成。

 

仕訳帳の作成

仕訳帳(しわけちょう)とは日々仕訳した取引を日付順に記帳していく帳簿で、総勘定元帳と
ともに複式簿記で記帳していくうえで必須の資料となります

 

総勘定元帳の作成

勘定科目ごとに全ての取引を記載する勘定口座を集めた会計帳簿で、決算申告のもととなります。

 

決算書の作成

 

申告書の作成・申告書の提出

 

税金の納付

納税は納税額を記入した納付用紙がありますので申告期限までに納付して下さい。
金融機関窓口にて納付ができます。

 

決算書・申告書の控え交付

 

総勘定元帳の交付

 

上記の流れで、法人税申告・納税を進めていく流れとなります。

当事務所では、この一連の作業を単純に代行させていただくだけではなく、事業主様の立場にたって
間違えのない専門的な決算書、申告書の作成するにとどまらず、しっかりと節税のポイントや
資金繰りのポイント、お金を残すポイントをアドバイスさせていただきます。 


 

創業時、会社設立から2年間限定の創業顧問サポート

尾崎会計では、新設法人さまの創業支援サポートとして、創業顧問サポートをご用意しております。
下記のサポートプランをご確認ください。

★創業顧問サポート ※設立から2期以内、もしくは消費税の納税義務の無い会社を対象

サポート内容 通常料金 創業顧問サポート
月額顧問料金 毎月訪問 30,000円 25,000円
隔月訪問 25,000円 20,000円
決算申告 5ヶ月分 4ヶ月分

※上記に、消費税は含まれておりません。
月額顧問・決算申告の料金に含まれるサポート:
①試算表をもとに売上や経費に関するアドバイス、②税務に関するアドバイス、
③節税に関するアドバイス、④仕訳や記帳に関するアドバイス、
⑤資金繰りや資金調達に関するアドバイス、⑥決算前のシミュレーション、
⑦決算申告書作成・提出代行
オプションとなるサポート:
①記帳代行(月額1万円~、目安は100仕訳前後まで)、
②年末調整、③給与計算代行、④固定資産税の申告、その他お問合せください。

遠方のお客さまの場合:
自動車で1時間以上の時間が、ご訪問に掛かってしまうエリア(沼津・裾野・御殿場・島田・磐田など)
の場合、創業顧問サポートの毎月→隔月、隔月→四半期にさせていただいております。
お客さまが当事務所に、お越しいただく場合は、お打ち合わせの頻度に変更はありません
もちろん、創業時の初期会計指導については、創業から2~3ヶ月を目安にご訪問させて
いただきますので、ご安心ください。
※高速道路を使用する場合については、高速料金のみをご負担いただいております。


初回のご相談は、こちらからご予約ください

hirosue05.png bana0103b.PNG 
bana0103.PNG

スマートフォンにてご覧いただいている方は電話番号をクリックしてください。通話が可能です。


トップへ戻る      ●事務所紹介      ●アクセス